たまごぼーろ流、ロードバイクの洗車の仕方

ロードバイク

みなさんは愛車をちゃんときれいにしていますか?

たまごぼーろの愛車は3か月に一回くらいしか洗車してないからめっちゃ汚い

今回は、ロードバイクの洗車について解説していくよ

用意するもの

洗車するにあたって必要なものは
・水(ホースがあれば便利!バケツでも頑張ればなんとかなる)
やわらかいスポンジ
チェーン用洗剤
ボディ用洗剤
・雑巾などの汚れていい拭けるもの
・歯ブラシ(小さめのブラシなら何でもおk)

たまごぼーろが使っている洗剤は下の洗車セットみたいなやつ

これだけあれば自転車を丸洗い可能!

そして、最強の紙がこちら!

これ、紙のくせに絞って使えるし、チェーン拭いても全然毛羽立たないしで

もう最強!

紙だから吸水性も抜群!
使い捨てだから、最後はゴミ箱に入れるだけで楽だし、タオルよりもいい!

Amazon | 日本製紙クレシア ワイプオール X70 不織布ワイパー レギュラー 335×343mm 四つ折り (50枚入り) 60570 | 産業・研究開発用品 | 産業・研究開発用品 通販
日本製紙クレシア ワイプオール X70 不織布ワイパー レギュラー 335×343mm 四つ折り (50枚入り) 60570が産業・研究開発用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

洗車開始 まずはチェーンから

まず最初にやることは、ロードバイクをひっくり返す

ここではまだホイールは外さない方がオススメ

なぜなら

最初にやることはチェーン洗浄だから

青いやつがチェーンを洗ってくれるんだけど

三分割になっていて、持ち手ふた洗浄部分に分かれていて、
最初に洗浄部分の中に手に持ってるチェーンディグリーザーっていう液体を入れる。

次に、洗浄部分の真ん中にチェーンをはめる溝があるから、底にチェーンをはめ込む。

そして、ふたを付けて持ち手を付ける。

全部つけ終わったら、持ち手をもって、ペダルを半時計周りに回したら、この機械が
勝手にごしごし洗ってくれる。

ここ重要!!
ここまでしたら、一度軽くボディを水で流すこと!

なぜかというと、このチェーンディグリーザーは、ボディの塗装が剥がれる可能性があるからである。

まあ、速攻剥がれるわけではないけど、早めに流しておくに越したことはないからね

チェーン洗浄が終わったら、ホイールを外そう

ホイールを外したら、最も汚れが溜まりやすいプーリーを洗う。

プーリーを知らない人のために
プーリーっていうのは、写真の一番右側についてるちっちゃい歯車みたいなやつのこと

ここで、歯ブラシ登場!

プーリーの側面には、ヘドロがびっしり!
これは水圧では落とせないから、歯ブラシなどのちっちゃいブラシで落とすべし!

ロードバイクの顔! ボディ洗浄

チェーンが終わったらいったん水で流して、次はボディや

まず、バイクウォッシュってやつを全体に吹きかけまくる
汚いところには特に吹きかける

で、まずはそこまで汚くないところから、スポンジでゴシゴシする。

そしたら、汚いところに洗剤がしみ込んでるから、汚いところをゴシゴシする。

でも、ずっと放置したオイル汚れは、簡単には落ちない!

それでも根気強くスプレーしなおして、またゴシゴシしてを繰り返してたら
意外と落ちる。

バイクウォッシュでホイールも洗ってあげたら
合体!!

結構きれいになったね

こんだけやって落ちない汚れは、もう
オイルにつけて落とすしかない

オイルにつけたら、オイル汚れがオイルに溶けて落ちるんだって

ハケとかでオイル塗りまくって洗剤で洗い流すだけでも、結構落ちるよ!

最後にチェーンオイル

ここまで洗ったら、チェーンオイルも落ちてるからちゃんと注し直すこと

たまごぼーろが使っているチェーンオイルはこれ!

オイルにはいろんな種類ごとにいろんな用途があるけど
なにを買えばいいかわからないって人は、とりあえずこれを買っておけば大丈夫

オイルの注し方は、
まず、チェーンのつなぎ目の丸い部分に、一滴ずつ垂らしていくのを一周する。


次に、ペダルをぐるぐる回して、オイルをなじませる

最後に、余分なオイルをふき取るために、雑巾などでチェーンを軽くつかみ
ペダルを4周くらい回せばOK!!

洗車については以上!

ロードバイクについて知りたいことがあったら
ぜひコメントお願いします

コメントしてくれたら、自分がわかる限りで新しい記事書くので

では、また次の記事で

コメント

タイトルとURLをコピーしました